ご挨拶

 

今、日本は「失われた20年」の中で、国も国民も疲弊しています。

私は1988年というバブルのピークに社会人になり、それ以降急速に転げ落ちていく日本で仕事をしてきました。そこには高度成長の時代とバブルの映画を忘れられず、「そのうち何とかなる」と何もしない企業の姿が多く見られました。

ご存じの通り、この国は経済も含めてすでに一流国ではありません。資源もなく、高齢化していく日本。このままでは本当に二流の国になってしまいます。

「何とかしてこの国のために日本企業の成長力、競争力を復活、強化させたい。そのために自分の経験を活かし、ファンド事業を通じて投資先をグローバル企業へと変貌する一助を担いたい。」

それがジェイ・キャピタル・パートナーズを設立した理由です。

幸い、日本には海外で通用するビジネスモデルを持っている企業がいくつもあります。また、志が高いにもかかわらず、大企業に埋もれた優秀なマネジメントもたくさんいます。今の日本企業が改めて成長していくためには、どうしても海外展開が必要だと考えています。

我々ジェイ・キャピタル・パートナーズは、投資先企業様の「CHANCE、CHANGE、CHALLENGE/機会・変革・挑戦」をお手伝いし、海外展開も含めた企業価値の極大化をお約束いたします。

今後とも、皆様のご支援、ご愛顧をお願い申し上げます。

2010年7月
ジェイ・キャピタル・パートナーズ株式会社
代表パートナー 田中 博文